浮気調査「一人で悩まず」「勇気を持って」

浮気のことならご相談下さい

浮気に悩んで、結婚生活を悪い状況に進行させてしまってはいませんか?

浮気調査でご自身や家庭を守るという感情がある方でも、個々の置かれた立場や状況から、どうしても浮気調査の依頼に踏み切れないという方は多くいらっしゃいます。

しかし、現状の判断を優先した結果、「もっと早く浮気調査をしておけばよかった」等の後悔の言葉を残された方々もいらっしゃいます。

探偵の決まり文句に「一人で悩まず」「勇気を持って」などがありますが、このような言葉の裏側には「後悔しない結婚生活を送ってほしい」という探偵の過去から現在までの浮気調査から得られた経験に裏付けられた願いがあるのです。

浮気・不倫を見破る方法

携帯電話(スマホ)

浮気・不倫を見破る方法として第一に考えられるのが浮気・不倫をするに絶対的必須アイテムである携帯電話(スマホ)です。

この発着信履歴、メールの送受信は当然でしょうが、最近では殆どの人が使用しているアプリやSNSのチェックも忘れてはなりません。

「ツイッター」や「Facebook」などでデートや食事の写真を公開し、そこから浮気が発覚するというケースもあります。

最近では無料通話やチャットが可能な「LINE」による浮気相手とのやりとりが圧倒的に多いです。浮気相手との有効な連絡手段がスマホ、中でも「LINE」です。

また、最近では顔認証機能や指紋認証機能などにより強固にデータを守ることができ、よりスマホを利用して浮気を行う人が増えています。ほとんどこれをチェックすると疑惑が確信に変わります。

また、スマホを利用した位置情報の確認という方法もあります。現在いる場所やいた場所から怪しい動きがないかチェックするわけですね。

これはスマホの機能を使うだけでも確認できるものもありますし、専門の多種アプリもけっこう出まわっていますのでそれらを利用してみるのも一考です。

ただし機能やアプリの中には相手に通知されてしまうものや、相手の携帯に無断でインストールすると犯罪となってしまうものもありますので十分にご注意ください。

財布・領収書

少しアナログ的ですが、パートナーの財布やポケット、所持品などのチェックもかなり有効です。

こまめに配偶者の財布をチェックできる人ならば1日1日の使用金額もチェックできます。

それと忘れてならないのが領収書のチェックです。領収書によっては日付以外にも時間が表示されていますのでかなり行動がチェックできますし、全く知らない土地での商品購入や飲食代金はその所在地もチェック対象になります。

意外にも浮気相手の居住先近くの店を利用しているなんて事も結構あるのです。またホテルにおいてあるライターや避妊具を持っているなども確信的です。

車(ナビの履歴)

を利用する人の場合には走行距離、助手席の位置、ダッシュボードやトランク、灰皿や床下のゴミなどをチェックするのは当然ですが、やはり忘れてならないのが最近、殆どの車に装着されているナビの履歴です。

過去に検索した内容が保存されています。これをチェックしてみると最近検索した行き先などが出てきて、目的地が郊外のラブホテルなんてこともあります。

確証は浮気調査で

これらはあなたでも簡単にできる「浮気・不倫を見破る方法」ではありますが、あくまでも個人的な確信に至るだけであって確証となるわけではありません。

また、裁判で勝てるような証拠となるわけでもないのです。

位置情報サービスでラブホテル周辺が出たとしても、必ずラブホテルにいるとは限りませんし、ラブホテルのライターを持っていたとしても同様です。

いざ法廷という場になれば素直に認める人はむしろ少ないと言えますし、ものは言いようで何とでもごまかせてしまいます。

個人的な確信だけで相手と話し合いをしても無駄に終わるだけではありません。あなたに浮気を感づかれたと警戒心も抱かせることになるでしょう。

ここは我慢してください。ほぼあなたが確信したとおりにパートナーは浮気、不倫をしているでしょう。後はその確たる証拠を押さえることが必要です。

浮気・不倫を立証する

離婚原因に多い浮気

平成26年での離婚原因の第2位は「浮気」や「不倫」であったそうです。

ちなみに第1位は「性格の不一致」だったそうですが、この中にも浮気や不倫が原因により、性格が変化してしまった夫婦もいたと思います。

浮気や不倫が原因での離婚というと、浮気をした側が浮気の事実を認めた、又は証拠が揃い、立証できたという事でしょう。

浮気・不倫という行為は「不貞行為」という民法709条不法行為にあたり、この不法行為を立証する事で正当な離婚事由として認められますが、離婚訴訟や離婚をしなくても賠償請求できる権利侵害行為となります。

(不法行為による損害賠償)
第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

浮気や不倫を立証できなかった人の中には「性格の不一致」を理由に配偶者と離婚した人も数多くおられると思われるのです。

残念なことに、この「性格の不一致」については賠償請求は基本的にできないとお考え下さい。

浮気・不倫の立証とは

浮気・不倫を立証するということは、離婚調停で調停員を納得させる証拠、離婚裁判でも裁判官を納得させることのできる証拠を揃える、ということとなります。

もしくは、配偶者に対して「反論の余地を与えない証拠」とも言えるでしょう。

世間一般的な意見として、手を繋いでいたり、腕を組んでいたりから始まり、メールなどに「好きだ」「愛してる」などの言葉のやり取りがあれば、まず浮気していると判断するかと思います。

さらに夜道や公園で抱き合ったり、キスしたりしているところの写真や映像があるともう100%で浮気していると決めつけているはずです。

実際に探偵事務所調査員もそのような現場を目の当たりにすると浮気について確信してしまいます。この2人は絶対に浮気をしていると。

しかし、確信は第三者に示せる確証とはなりません。抱き合ったり、キスをしていただけでは法的な浮気・不倫の立証にはならないのです。

ですから、もし配偶者が異性とこの様な行動をしていたところを目撃したからといって騒ぎ立てても無駄となってしまいます。

まず配偶者は絶対に浮気を認めません。認めてしまうと自分が絶対的に不利になる事を知っているからです。

立証に必要な証拠は…?

浮気・不倫を証明するには何が必要なのでしょうか?

浮気の定義は配偶者があなた以外の別の者と肉体関係を結ぶ事となっています。抱き合ったりキスをしていても、法的には肉体関係とも浮気ともならないのです。

実際に探偵事務所に浮気調査、不倫調査を依頼したとしても、まさに肉体関係の最中の状況の写真などは殆ど撮影する事はできません。

ですので、立証を要求される司法の場では「性行為をしている場所への2人の出入り」が重要となってくるのです。

一般的社会常識とはかけ離れているかもしれませんが、法的な意味での浮気・不倫の証明は決して簡単ではありません。

性行為をしている場所への2人の出入りの例

  • ラブホテル
  • 旅行での宿泊
  • 相手の居住先
ラブホテル

典型的なのがラブホテルです。

ここは男女が性行為をする場所であると認識されているために、ラブホテルに入り、出てきた事で浮気、不倫を立証できます。

もちろん入っていた時間も大事な要素となります。

旅行での宿泊

他には2人で旅行に行き、旅館や観光ホテルの1室に同宿したケースです。

これも殆ど認められていますが、もし別々に2室を取られていた場合、立証が難しくなる可能性はあります。

相手の居住先

皆様がよく誤解されるのが相手の居住先での宿泊です。

相手の居住先に行き、外泊した。これで完全に浮気の立証になるとお思いになるかもしれませんが、1回では少々弱いと言わざるを得ません。

特に高級マンションのような入室状況確認ができないケースではかなり難しい話となってきますが、この様な状況でも数回外泊している状況が確認されると認められる場合が多いです。

浮気調査の体験事例

休日に出かけることが増えた旦那

私の旦那は昔から休日は自宅で寝ていることが多かったのですが、1年ほど前から休日に必ず外出するようになり、何をやっているのかと気になっていました。

外出中に何をしているのかと質問をすると、漫画喫茶などで読書を楽しんでいるだけと言われて、最初は怪しく感じることもありませんでした。

しかし外出先から帰ってきた後の旦那から、香水のような甘い香りがすることがあったのが、旦那が浮気をしているかもしれないと考えた理由です。

そして浮気調査を依頼してみようかと考えたのですが、自分が勝手に使えるお金は少ないので、調査にかかる料金が支払えるか心配になってしまいます。

その際に友人から教えてもらったのが、相談を無料で受け付けてくれる探偵事務所で、出費の心配もせずに相談させてもらえました。

調査をしていることがバレない安心感

自分が浮気調査を探偵に依頼したことが旦那にバレると怒られそうだったので、調査を行ってきた実績も豊富な探偵を選びました。

尾行調査を行っているときにも、定期的に調査に利用する自動車を変えてくれるなど、細かい工夫を凝らしているところが信頼できます。

おかげさまで浮気調査を依頼したことが、途中で旦那にバレることはありませんでしたし、怪しまれずに済んだので調査の結果が出るまでの期間も短いです。

依頼を出してから2週間も経たないうちに、旦那と浮気相手の女性がラブホテルから出てくる写真を撮影できて、旦那と別れる決心がつきました。

浮気の証拠が見つかったときのショックは大きかったですが、騙され続けたまま夫婦としての生活を続けるより、早いうちに別れることができて良かったと思えます。

サポートやアフターケアもしてもらえる

旦那が浮気をしていることが分かったものの、浮気の証拠を自分で旦那に見せるのは怖かったので、弁護士を紹介してもらうことにしました。

弁護士を通しているおかげで旦那が怒って殴りかかってくるような心配もありませんし、別居の準備をする際のアドバイスなどは弁護士が行ってくれます。

離婚の手続きを進める前にやっておくべきことや、もし旦那が殴りかかってきたときの対処法も教えてもらえたおかげで、何も心配することはありませんでした。

勇気を持って旦那に浮気の証拠を見せることができて、現在では何事もなく離婚が成立しており、高額な慰謝料も手に入っています。

もし探偵に助けを求めなければ、今も旦那が浮気をしていることに気付けずに、1人で浮気調査をしようと考えていたかもしれません。

浮気を許さない

浮気相手の住所調査にも迅速対応

怪しい行動があり、浮気をしている可能性が濃厚なパートナーに「証拠もなく浮気を追及する行為」は基本的には無駄となる可能性が高いです。

むしろ逆に相手が注意深くなってしまい、浮気の証拠を手に入れることが難しくなってしまうでしょう。

そうなってしまうと、決定的な浮気の証拠を得るためには高額な調査費用が必要になってしまいます。そこまでして浮気の証拠を得て浮気を制止できたとしても、浮気癖は治らないかもしれない・・・。

男性・女性に限らず、現代では浮気は「致命的な欠陥」としてとらえる人物が少なくありません。

「浮気は甲斐性」との古い認識のまま常識を逸脱している人も存在しますが、若い世代にシフトするにしたがって「浮気は致命的」との判断基準を持つ人が増加しているのです。

※関連情報

浮気の代償

法的な浮気の代償としては「慰謝料」がありますが、それ以外に浮気をした当事者にとっては別の代償を支払う可能性もあるのです。

価値観の違いもありますが、結婚へのハードルが上がったこと・結婚の晩年化に伴い、結婚したら家庭を大事にすると考えている人が増えているようです。

30代や40代ならば少しは「浮気も出来心ならば許す」と判断する方もいるのですが、恋愛や結婚観の相違から生じる浮気に対しては、辛抱や我慢は絶対にしないと考える傾向が強くなってきています。

単なるジェネレーションギャップとして処理するには年齢層によって考え方に大きな違いがみられ、「恋愛や結婚は我慢が必要」と考える世代と「我慢するならば結婚しない」と判断する世代ではしっかりボーダーラインが存在しています。

浮気が濃厚なパートナーに対し、浮気調査を実施して浮気相手に責任を追及する。

現代の若者は当然の手順を踏むように浮気調査を実施し、結婚生活に我慢しない選択を選んでいると考えられます。

日本全国で浮気調査が可能

東京都を中心に活動する探偵である当社ですが、調査可能な範囲は日本全国での調査実施が可能となります。

探偵歴が数十年のベテラン調査員が実施する浮気調査や不倫調査は日本全国での調査経験があり、調査依頼を承った地域に精通した調査を実施いたします。

ご相談やお問い合わせの際に「調査を実施する地域」を相談員にお話しいただき、調査対象となる人物の移動手段等も事前にお話しいただければ「現地で必要な調査機材を万全に準備」してご指定地域での浮気調査を実施させていただきます。

もちろん、どの地域のお話であってもご相談は無料で承りますので、遠方の方でも一度ご相談ください。

当探偵事務所では浮気調査、不倫調査を通し、立証に向け、最大限の努力をしておりますので、どうか安心して御依頼頂ければと思います。

※調査料金につきましては、お手数ですが下記ページをご覧下さい。

調査料金・費用

料金についてはこちらに記載しておりますが、ご質問やご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

News
2020.01.4
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2015.07.24
ホームページをリニューアルいたしました。