浮気をしたことによって後悔する

浮気したことに後悔しているかも

浮気をしなければよかったと、後悔する瞬間があります。

初めは浮気相手と楽しくやっていたのに、後悔することがあり浮気をやめる人がいます。

パートナーに浮気されると、絶対に許せないと強い思いを持ちますが、パートナーは浮気をしたことに対して後悔しているかもしれません。

浮気相手に本気になられたときに後悔する

浮気はあくまで遊び、気分転換と割り切っているケースがあります。

しかし自身は割り切っていても、浮気相手に本気になられるかもしれません。

お互い彼氏や彼女がいる場合、もしくは既婚者の場合は特に割り切った関係でいたいと考えるでしょう。

お互い本命の相手がいるからと、初めにあくまで遊びと約束するケースもあります。

しかし自身は遊びと思っていたのに、浮気相手に本気になられてしまい面倒になり、浮気を後悔します。

いつもよりもメールなどたくさんくるようになる場合や会いたいと頻繁に言われるかもしれません。

その際、浮気相手に自身はあくまで遊びだと思っていると正直に伝えましょう。

本命のパートナーを大切にしたいから、別れてあなたと一緒になる気持ちはないと伝えることで、浮気相手の熱を冷まさせるかもしれません。

浮気相手とうまくいかないようになり後悔する

本命のパートナーに対しストレスを感じているなどの理由で、浮気に走るケースがあります。

初めは浮気相手に対し、本命のパートナーにはないよさを感じ、幸せな気持ちになるなどよい方向に向かうかもしれません。

しかし段々と浮気相手との関係に慣れてくると、浮気相手の嫌な面が見えてきて新鮮さを失ってしまいます。

すると同時に、浮気をしたことに対して後悔するようになります。

やはり本命のパートナーのほうがよい、本命のパートナーを大切にしたいという気持ちが芽生えます。

浮気をやめるよいタイミングにもなりますので、本命のパートナーへの気持ちが大きくなってきたら、浮気相手にその旨伝えましょう。

社会的地位を失い後悔する

同じ社内で浮気をすることがあります。

リスクが高い浮気方法ですが、同じ社内で働いているということもあり、助け合うシーンもあり浮気関係に発展することが多いです。

リスクが高いので、絶対バレないようにしようと工夫したものの、何かきっかけがあってバレてしまうかもしれません。

社内で浮気をしていることがバレた場合、社会的地位を失う可能性が高いです。

自身と浮気相手、それぞれ違う部署や違う支社に異動になるなど生活に支障が出る可能性も出てきます。

住み慣れた土地を離れなくてはいけない、既婚者であれば夫や妻や子どもと一緒に引っ越しを迫られることもあるでしょう。

また浮気をしたということで、社内での評価が下がり出世に響くかもしれません。

会社をやめさせられなくても、今後一生支障が出るケースもあります。

社内でバレるだけではなく、本命のパートナーにもバレて浮気を後悔します。

本命のパートナーが苦しんでいる姿を見て後悔する

浮気をしていることが本命のパートナーにバレて、その結果泣かれてしまい浮気を後悔することがあります。

浮気をされて辛い、食事が喉を通らないなど、本命のパートナーが苦しんでいる姿を見て浮気を後悔するでしょう。

中には本命のパートナーに怒られる人もいますが、怒られることなくただただ泣かれてしまうと辛いです。

まだ怒られたほうがよかった、こんなに本命のパートナーが苦しむとは思わなかったと、自身が浮気をしたことに対して後悔します。

そしてもう2度と本命のパートナーを泣かせることや苦しませることをしたくない、幸せにしたいと考え、浮気は一生しないと決断するきっかけとなるでしょう。