夫の浮気相手を撃退

夫の浮気相手を撃退

御主人(夫)に異性の影が見え隠れする。このような状況を妻である貴女はどう思い行動されますか?

普段の業務で残業や休日出勤が当たり前である御主人の日常に無関心であった結果、浮気相手に自由な時間を思う存分与えてしまったと後悔してから浮気を疑う「遅すぎる」とも言える悪状況であります。

最悪の場合を想定するならば御主人の浮気相手に対する感情次第では「将来的に御主人に捨てられる可能性」が大いにあることでしょう。
「日常、御主人に無関心であることの危険」は計り知れないと言えます。

しかし、30代後半から40代50代のご夫婦の現実から考慮すると、パートナーに無関心なのがよくある夫婦の現実なのかもしれません。

お子さんが成長し養育費を考えない年齢に近づくにつれて、浮気相手の露骨とも言える御主人を奪う戦線布告があらわになっていきます。

ここで「御主人との将来に魅力を感じていない奥様」ならば天の助けとも言える浮気相手の登場でしょうが、 現実には高齢になったご自分の生活基盤となる収入が無い奥様には簡単に見過ごせる問題とは言えないことでしょう。

妻である奥様は長年築き上げてきた家庭を壊されることに危機を感じ「浮気相手を撃退」する方法を模索するのです。

ここで奥様は探偵に御主人の浮気調査を相談することになります。そして、浮気の証拠を取得し、法的にご自身が請求できる権利で浮気相手と対峙することでしょう。

年齢が40代から50代の奥様が「御主人の浮気相手である若い女性を撃退する手法には限界」があります。

若い浮気相手に対して「ルックスで争ってもほぼ勝ち目は無い」と言えるでしょう。

そこで効果的に浮気相手がダメージを受ける手法は何か?

行き着くところが「御主人と築いた家庭が幸せな状況であることをそれとなく浮気相手に知らせる」ことに他ならないと言えるでしょう。

不倫関係のテレビドラマなどでも見掛ける光景ですが「現実の浮気相手にも精神的ダメージが一番大きい手法」と断言できるのです。

浮気相手の考えは「もう少しで我慢してきた不倫関係に終止符が打てる・・・やっと好きな男性と幸せな家庭が築ける」との想いが強く働いていることでしょう。

このタイミングで最愛の男性が幸せな家庭環境で日常を過ごしていると知るショックは計り知れないばかりか、不倫相手である御主人の言葉に不信感を抱く可能性が非常に高くなります。

もし、浮気相手である女性と御主人の関係に嘘があって成立していたならば、これが浮気関係や不倫関係に亀裂が生じるきっかけにもなり得ると言えるのです。

これにより浮気相手女性が大きなダメージを受け、自ら不倫関係を清算する考えに行き着く可能性があります。

今日は御主人が残業や休日出勤とのタイミングで「家族団欒の画像や夕食の献立を御主人の携帯やスマホに送信する」だけで良いのです。

もし、浮気相手の目に触れる事が無くても「御主人は浮気をしている最中に妻からの連絡があることに罪悪感を覚え、焦り地に足が付かない」心情になることでしょう。