浮気の代償・不倫の代償

浮気の代償・不倫の代償

「浮気」「不倫」はともに一般に使われている言葉であり、法律的には「不貞行為(不法行為)」といいます。

浮気に対する代償を本人または浮気相手方に求めることを「賠償」といい、夫が浮気し浮気調査の結果、動かぬ浮気の証拠を掴めば、これを基に訴えを起こすことが出来ます。

なぜならば、我が国の民法で「夫婦は配偶者以外の者と性的交渉をしてはならない」と定められているからです。

例えば、夫が自分以外の女性と肉体関係を持ったという確証があれば、妻は夫及び浮気相手に損害賠償(俗にいう慰謝料)を求めることが出来ます。

なぜ、相手の女性だけでなく自分の夫にも?と疑問に思われるかもしれませんですが、やってはいけないことをやったのは基本的に夫であり、言い換えれば「主犯」となります。

その行為に加担して、妻の権利を損ねた相手方の女性は「共同不法行為者」となり、不貞行為は両者に責任を追及できるわけです。

これが一般的な浮気の代償で探偵が依頼人に勧める解決策の一つであり、正攻法となります。

浮気・不倫した人が払う代償、高額な慰謝料

この賠償請求に関しては、なるべくなら示談で和解しての請求が良いと言われています。

裁判になった場合、離婚するのか否か、婚姻期間の長短によって慰謝料の金額は大きく変動しますが、和解の場合には高額となる場合も結構あるのです。

法的な浮気の代償としては「慰謝料」しか望めません。

ただ慰謝料以外に、浮気をした当事者にとっては別の代償を支払う可能性もあるのです。

それは社会的な代償です。

離婚、信用の低下

夫婦の場合、慰謝料以外に離婚という選択をする配偶者もけっこう多く存在します。

特に妻の浮気の場合には殆どの夫は離婚を選択するといいます。

夫の浮気の場合でも当然、離婚を選択する妻もいます。

最近では離婚も珍しいことではなくなりましたが、やはり離婚するという行為には財産分与から子供の問題など事務的にも精神的にもかなりの労力を必要とします。

また離婚問題は当事者間だけでなく、親、兄弟などにも迷惑を掛ける場合もありますし、更に離婚した事による社会的信用も低下してしまいます。

実際に離婚することを回避するために妻に許しを請う夫もかなりの数になります。

確かに今まで築き上げてきた家庭が自分のちょっとした浮気により壊してしまい、謝罪を尽くして離婚を回避する努力をする夫も多いのです。

確かに男の場合には、見栄かもしれませんが社会的信用の損失を嫌がる傾向もあります。

夫の浮気相手が同じ勤務先の部下の女性であった場合、勤務先にばれないように交際する刺激的で甘美な世界に酔いしれていますが、勤務先にも浮気が発覚したことで将来的に出世も望めず、時には退職してしまうケースもあります。

夫にしろ、妻にしろ、浮気をしたことでの対象は配偶者に慰謝料を払えば済むという短絡的な問題だけではなく、人生そのものにも大きな制裁が待っているのです。

浮気の代償としては、慰謝料という金銭以外にも大きな代償を支払う羽目になる人も数多く存在しています。

浮気・不倫の代償には決定的な証拠を

探偵が実施する浮気調査では、決定的な浮気の証拠を提供するものです。

確たる浮気の証拠を得た時こそ、浮気した配偶者に対して正当な浮気の代償を支払って貰えるのです。

そして家庭を破綻させ離婚することとなると、慰謝料以外にも大きな代償を支払う羽目に合うことは覚悟しておくことです。

もし配偶者に浮気の不安や懸念のある言動が見受けられましたら当探偵事務所にご相談下さい。

確たる浮気の証拠をご提供致します。